営業活動をデジタル化「インサイドセールス」の導入を!

注目される「インサイドセールス」

新型コロナウィルスの影響により、急速に普及した在宅でのお仕事。しかし現実ではなかなかリモートワーク化できない企業が多いようです。

そんな中、今注目されているのが新しい営業手法「インサイドセールス」です。

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは直訳で内勤営業を指し、電話やメールを使い訪問せずに営業活動を行う手法で、国土の広いアメリカで発展した営業方法です。

営業の生産性効率化

現在、日本のホワイトカラーの生産性は先進国で最下位と言われています。

これはデジタルマーケティング化に日本の企業が乗り遅れたことが大きな要因と言われています。

日本では訪問営業に重きを置く企業が多い中、世界的にはその効率の悪さから衰退傾向にあります。

アメリカ企業に学ぶインサイドセールス

アメリカの自動車メーカー「テスラ」は衰退する自動車産業で唯一右肩上がりに成長を続けている企業です。そのテスラは現在、全ての販売をオンライン化しスマホでも車が買える仕組みを作り上げました。それまで常識だった「試乗」を廃止し自動車販売に関わる人と時間を大幅に削減しました。まさに販売活動のインサイドセールス化です。

他にも、「GoPro」は後発のカメラブランドでありながら、カメラと相性の良いYouTubeチャンネルの運営、SNSの活用で順調にチャンネル登録者やフォロワーを増やすファンづくりを行い、それまで日本企業が独占状態だったカメラ市場に「アクションカメラ」という新たなマーケットを作り出しました。これもデジタルマーケティングを駆使したインサイドセールスの良い例です。

インサイドセールスの導入

それではインサイドセールスを導入するにはどうすれば良いのか?単に電話をかけまくってメールを打ちまくればいいというものではありません。集客の仕組みづくりが重要になります。

スマホ時代のインサイドセールスとは

ほぼ全ての人がスマートフォンを所有する今、情報は「与えられる」ものではなく「取りに行く」ものになりました。その為、電話営業やメール営業は迷惑でしかなく、スタッフも疲弊します。

当社がおススメするインサイドセールス

効率の良い営業活動、その為に欠かせないのがHPへの集客です。

HPの集客には一般的にSEO(検索エンジン最適化)、MEO(マップの最適化)、SEM(検索エンジンマーケティング )、各種SNSからの誘導がありますがSEOMEOは必須項目ではありますが上位表示されるまでに労力と時間を費やします。

そこで当社がお勧めする集客法はGoogle,Yahoo!の「検索広告」と「リターゲティング」広告。2種類の広告だけです。

検索広告で指定するキーワードの検索結果画面に広告を表示し、クリックしたユーザーに対して再度広告を表示するもので、インターネット広告の基本中の基本であり最も効果の高い手法です。

この2種類の広告を広告レポートを見ながら改善を行い、HPへ見込み顧客を誘導します。

 Google広告を活用したインサイドセールスによる成功事例

この機会に販売戦略の見直しを!

HPのアクセス数が上がると必然的に問い合わせ件数も増えます。広告を通して質の良いクリックを増やしていくことが重要です。

HP36524時間セールスしてくれます。この機会に「インサイドセールス」を導入してみてはいかがでしょうか?

Google広告、Yahoo!広告について、お電話、メール、LINEに手お気軽にご相談ください。

■詳細な情報・ご相談は
株式会社協同プランニング.(吉田、上野)まで。

TEL:096-366-2221
FAX:096-366-2223
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加