【テレビCM】出稿する前に覚えておきたい用語解説

テレビCMの用語解説

企業が初めてのテレビCMを打つ際、直面するのが専門用語の多さです。

広告会社やテレビ局は当然のように専門用語を使ってくる場合があります。わからないまま相槌だけ打って損するCM放映になったりする場合も・・・

効率の良く効果的なCM放映をする為、今回はテレビCMに関する用語解説です。

タイムCM

タイムCMは番組提供CMのことです。個別番組に設定されているCM枠で放送されるCMになります。

CC

番組開始の直前(提供クレジットの表示前)の枠で放送されるタイムCMのことです。

Cow Catcher(カウキャッチャー)の略です。

HH

番組終了の直後(提供クレジットの表示後)の枠で放送されるタイムCMのことです。

Hitch Hike(ヒッチ ハイク)の略になります。

スポットCM

番組とは関係なく、テレビ局が設定した時間枠に放送されるCMのことです。

PT

番組提供ではなく、番組内に挿入されるスポットCMのことです。Participation(パーティシペーション)の略です。

SB

番組と番組の中間に放送されるスポットCM。Station Break(ステーションブレーク)の略称で通称「ステブレ」とも呼びます。

全日タイプ

指定の期間内、24時間の中でまんべんなくCMを放映するスポットCMの時間の取り方で、放映単価は一番安くなります。

逆Lタイプ

土日の全日、平日の夜にCMを放映するスポットCMの時間の取り方です。主に若年層がターゲットの場合に用いられます。

コの字タイプ

平日の朝~夕方を除いた土日含む全時間帯にCMを放映するスポットCMの時間の取り方です。

ヨの字タイプ

平日のお昼前後を除いた土日含む全時間帯にCMを放映するスポットCMの時間の取り方です。

クール

CM放映期間の単位のことです。1クール=3ヶ月間

ゴールデンタイム

19時~22時までの時間帯です。

プライムタイム

19時~23時までの時間帯です。

ベルト

朝のニュースやお昼のワイドショーなど、月曜日~金曜日の同時間帯に同一番組名で放映されるレギュラー番組のことです。

箱番組

1週間の中で、同一曜日の同一時間に1回放送されるレギュラー番組のことです。

F1,F2,F3

ビデオリサーチ社の個人視聴率の性別・年齢区分の通称です。

F1:20~34歳 女性

F2:35~49歳 女性

F2:50歳以上 女性

M1,M2,M3

ビデオリサーチ社の個人視聴率の性別・年齢区分の通称です。

M1:20~34歳 男性

M2:35~49歳 男性

M2:50歳以上 男性

GRP

放送したCMの各回視聴率の合計のことです。(のべ視聴率)

Gross Rating Points(グロス・レイティング・ポイント)の略になります。

パーコスト

視聴率1パーセントに対する費用のことを言います。

料率

料率CMの定価に対して、パーセンテージをかけた実施料金になります。

視聴占拠率

指定の番組が、各局の合計視聴率の中で占める割合のことを言います。

フリークエンシー

広告の接触頻度です。何回広告を視聴したかを示す指標になります。

リーチ

CM到達率のことを言います。

放送確認書

テレビ局から発行されるCMを放送した証明書です。

上記は、CM出稿の際によく出てくる専門用語です。
CM予定の企業様は是非ブックマークお願いします。

このほかテレビCMに関するお問い合わせは
株式会社協同プランニング.(吉田、上野)まで。

TEL:096-366-2221
FAX:096-366-2223
お気軽にお問い合わせください。

協同プランニング.は熊本の広告代理店です。
県内外の各種メディアの広告媒体を扱っております。
販促、制作のご相談などお気軽にお問合せください。

■LINE経由でもご連絡受け付けております。
友だち追加